ブーツの製造には様々な工程があります。各パートを熟練の職人が担当してガエルネブーツは出来上がります。その工程のいくつかをご紹介します
 
  リバースステッチ・グッドイヤーウェルト製法
 
1 型抜き
革を各サイズの型どおりに抜いていきます。一見簡単そうですが、革には個体差があるので、1枚の革から効率よく切り取るには、長年の経験と熟練の技が求められます。
2 甲部分縫製
切り抜いたパーツは複雑な順序で縫い合わされていきます。ブーツは普通の靴とは違い、パーツの数も多いのですが、プラスチックパーツの縫製なども絡んで作業はさながらパズルのようです。
3 つま先・かかとの成型
製作木型に縫製の終わった甲革を固定してから、つま先とかかとに入っている樹脂入りのファイバーに熱を加えながら成型していきます。
4 中底の縫い付け
次に足が直接当たる中底を固定して縫い込んでいきます。グッドイヤーウェルトの特徴的な部分で、特殊なミシンで一気に一周を縫いきります。かかる時間はほんの数秒という職人技です。
5 ミッドソールの縫い付け
本底を接着するミッドソールを縫いつけます。靴の張り出した部分にステッチが2重に並んでいるのはこのように2回縫うからです。裏側から縫うのに2本のステッチが綺麗に並んでいるのも熟練職人のなせる技です。
6 本底の張り付け
ソールに接着剤を塗って、熱を加えながら張り付けていきます。特殊なプレス機によって立体的な足の底でもしっかりと張り付けることが出来ます
 
7 ソールの整形
本底を張り付けた後に靴の張り出し部分(こば)と一緒にサンダーで綺麗な形に整形します。その作業が終わると木型から外して製作は終了です。
 
8 チェックと梱包
出来上がったブーツは削りかすなどを掃除してから世界各国に向けて旅立ちの準備を行います。
 
 
  コンポ製法の場合
1〜3まではリバースステッチ・グッドイヤーウェルト製法と同様です。底の部分の張り付け方からが、この製法の特徴的な部分です。
 
4 中底の張り付け
製作木型を釘で留めてから、そこに中底を張り付けて、つま先とかかとの部分を成型します。
 
5 中底の整形
リバースステッチ・グッドイヤーウェルトと異なり、この製法は中底に直接本底を張り付けるために中底の表面を整形します。
 
6 本底の張り付け
最後に特殊な機械で、本底を張り合わせていきます。これで完成です。その後、検品・検査を経て世界中に出荷されます。
 
 

靴の製法 革の種類