JAPEX

[

NEWS / ニュース

]

夏ツーリングの暑さ対策に!ジーエア ゴアテックス 徹底解剖 【ガエルネ:G-AIR GORE-TEX】

UPDATE : 2016.08.05

こんにちは!JAPEXの三石です。

メッシュ生地を大きく使い、しかもGORE-TEXで防水透湿なジーエア ゴアテックス

夏のロングツーリングは雨対策が不可欠ですが、暑さ対策もしたいところ。
このジーエアゴアテックスは防水なのに涼しいという夏のロングツーリング専用と言ってもいいようなブーツです。

ロングツーリングに絶好なお盆休みを前に徹底解剖しちゃいます。

その前に!

「防水って風を通さないよね。ホントに涼しいの?」という素朴な疑問にお答えします。

ジーエアが涼しいのは”ゴアテックスの性能を100%発揮させる構造”だから、なのです。
ゴアテックスフィルムを通してブーツ内から排出された汗でムレた空気を、メッシュ部分から取り入れた大量の風がどんどんブーツ外に排出させます。
またフレッシュな風がゴアテックスフィルムのギリギリまで届くのでブーツ内の温度の上昇を抑えます。
風が直接足には当たることはありませんが、この構造のおかげで驚くほど快適に夏場のライディングができるのです。

では実際に使った感じはどうなんだろう?
それでは2輪ジャーナリスト廣瀬達也氏の沖縄取材でのインプレッションをご紹介します。

さて今回使用させていただいた”G-AIR”。まずは「軽さ」に驚かされました。
「裸足」とは言いすぎかもしれませんがそれに近い感覚だったし意外に歩き心地も良く疲れにくいのにも驚かされました。
そして「涼しさ」に関しては、これまた驚かされました。
撮影に出るまでの朝食時や撮影が終わっての食事などに出かける意外はほとんど履いたままだったのに、ムッとする籠ったような暑さや湿気で不快になることが皆無に近い状態。宿に帰って通気性の悪い靴を脱いだときの、あの不快感がないことに正直ビックリしました。と、ともかく驚きの連続、とにかく”G-AIR”の軽さと通気性のよさには驚かされました。一言でいえば「新触感!」でした。

それでは「新触感!」なジーエア ゴアテックスの徹底解剖をどうぞ!

IMG_5396
まず前から。メインの素材は合成皮革でメンテナンスが楽です。

IMG_5394
横の外側。

IMG_5397
横の内側。合成皮革部分にもパンチング(穴)が開いています。

IMG_5399
後ろから。

IMG_5429
重量は620g(27.0cmの場合。26.5cmだと約600gになります)。とても軽く仕上がっています。

IMG_5402
前側は大きくメッシュを使用。フレッシュな風をたくさん取り込みます。

IMG_5411
横側も大きくメッシュを使っています。

IMG_5406
後ろ側も徹底的にメッシュ!ここはムレた空気の排出部分になります。

IMG_5400
ブーツの上側にもメッシュ。この”G”マークの内側、スネ部分にはプロテクターが内蔵されています。

IMG_5420
さらにはブーツ内側の上部もメッシュ。

IMG_5407
くるぶしの内側(左右両側)にプロテクターパットを内蔵。つま先とかかとにもプロテクターが内蔵されています。

IMG_5403
蛍光イエローのポイントは反射素材となっています。

IMG_5405
同じく後ろ側も反射素材。ライダーの存在を後方車両にアピールします。

IMG_5423
ジーエアーはゴアテックス仕様で防水透湿。水は通しませんがブーツ内のムレた水蒸気は逃がします。

_DSC8041
内側はこのようにゴアテックス内装。

IMG_5416
ファスナーの内側にゴアテックスの膜があり水野浸入をシャットアウト。

IMG_5415
ファスナーと平行して伸縮するニット生地を配置。わかりますか?ファスナーの上がりにくい部分でニット伸びるので”上げ下げ”が楽に行えます。

IMG_5425
ファスナーは信頼のYKK製。

IMG_5412
ブーツトップのベルクロにも伸縮ニットを採用。ぴったりとブーツを閉じることができます。

IMG_5422
シフトガードは段差のないスムーズな仕様。

_DSC8036
ソールはフラットなガエルネオリジナルソール。

IMG_5424
さりげなくMADE IN ITALYをアピール。

夏の連泊ロングツーリングを1年のメインイベントにしているライダーも多いのではないでしょうか。
雨対策はゴアテックスでしっかり、メッシュ構造で暑さ対策もOKなジーエアゴアテックスで今年の夏休みは快適にロングツーリングを楽しみませんか?

ジーエア ゴアテックスについての詳しいスペック、もしくはご購入はこちらから