JAPEX

[

NEWS / ニュース

]

防水サドルバッグをYAMAHA MT-09に載せてみました【エンデュリスタン:ブリザードL】

UPDATE : 2016.06.01

こんにちは。ジャペックスの三石です。

元々オフロード車用に開発された防水サドルバッグのブリザード
意外なことにオンロードバイクのお客様からもお問い合わせをたくさんいただくようになりました。むしろ「私のバイクに取り付けできますか?」はオンロードバイクの方が圧倒的に多いですね。

そのなかでも特に多いのが「MT-09」。
取り付けできそうだけど、試したことがないし…わかんネ。ということでちゃんとお答えできるように実車でフィッティングしてまいりました。
リア周りがスッキリしててかっこいい!MT-09だけど、いかにもサドルバッグが付かなそう…。でも意外と取り付けは簡単でしたよ。

IMG_5063
こんな感じです!

IMG_4982
コツは左右を連結するベルトをMT-09タンデムシートの形に合わせて長さを調整しぴったりとフィットさせました。前側は長く、後ろ側は短く、って感じです。

IMG_4971
前側のベルトはタンデムステップに取り付けましたが、ベルトがかなり余りますのでハサミで切ってしまうか、うまく処理してくださいね。

IMG_5050
後ろ側はナンバープレートのステーの裏側を通しました。金属の補強部分にベルトを通しています。このベルトも長さが余るのでうまく処理してください。ほかにもベルトを通せそうな場所があればそこでもOKです。

IMG_4970
バッグに最初から取り付けられているフック付きのベルトは使えませんので、代わりに付属している”普通のベルト”を使ってください。

IMG_5054
後ろからはこんな感じ。左右ともに2本のベルトがピロピロしているのがわかりますか?
これはバッグの下側に付いているバッグ圧縮用のベルトです。タイヤ側で余ってしまうとリアタイヤに接触する可能性がありますからね。ここのベルトの余りを外側にくるようにしています。

IMG_5058
もちろんバッグは取り付けたまんまで開け閉めができます。入り口がガバっと開いて、内側が赤色でコーティングされているので荷物が見つけやすい!

取り付けの順番はまずバッグをタンデムシートに載せて、前側のベルトをタンデムステップに留める。そのあと後ろ側のベルトを留めて前側、後ろ側を少しずつ引っ張ってテンションを掛けていきました。あとは荷物を入れて、試走して、問題なければツーリングにGO!ですね。

今回取り付けたのはブリザードで一番大きいLサイズ。片側12リットル、左右合計で24リットルとなります。
エンデュリスタン ブリザードサドルバッグの詳しい情報、またはご購入はこちら

まだまだ続きますよ。お次は「MT-09 TRACER」その後は「XSR900」「MT-07」です。

取材協力:YSP京葉

(文:ジャペックス 広報担当 三石)