Wolfman Enduro Carry All '12 モニターレポート

モニタープレゼントで当選された方からのレポートです。
一覧ページへ

 
「Wolfman Enduro Carry All '12」使用レポート

○使用レポート
装着は、非常に簡単です。上二カ所、下二カ所のベルトをそれぞれ装着するだけです。
上は、ハンドルバーに巻きました。そして、下側は、当方のWR250Rの場合、ライトカウルヘッドにあった穴を使用しました。若干ライトにベルトがかかっていますが、不具合はないのではないかと思っています。
 

最初に装着する際、余ったベルトは、切りませんでした。
その後、実際に走行してみてバッグの位置をかなり上側に装着してしまったことに気がつきました。
そこで、再度位置を調整。
ベルトを切らなくて良かったと思いました。

バッグの中に入れたモノは、工具です。
林道に行く際には必需品ですし、普段から入れて置いておけば、それはそれで安心。
このバッグを使えて、良かったと思いました。
 

○防水について
バイクのバッグは、基本的に防水機能がないものがほとんどです。こちらもそうです。
ですので、できるならばzipロックなどに入れてから、バッグにおさめるほうが良いかもしれません。
工具の場合、サビが怖いですし。
 
○モノを入れた後にすること
工具を入れ、上側のチャックを閉めます。
そして、最後に二本のベルトを絞り上げる様に締めて、中に入れたものを固定することができます。

工具の場合、バッグの中で踊る状態は避けたいものです。このベルトのお陰で、しっかりと締め付けることができます。

○最後に
林道に良く行かれる方におすすめです。
工具をどこに収めるか悩んでいませんか?
ずばりオススメは、ここ、ライトカウルヘッドの上です。

そして、これから冬までに林道に行く機会が多くなることでしょう。

いつ買うの?
ずばり「いまでしょ!」
 

     

ジャペックスでは、ユーザーの方々のご意見、ご感想を募集しております。採用された方には粗品をご用意していますので、ふるってご応募下さい。詳細は左画像をクリックして下さい。
また、レポートと画像を一緒に寄せて頂いた方は独立したページで掲載させて頂きます。
ご応募をお待ちしております。