Wolfman E-12 Saddle Bags モニターレポート

モニタープレゼントで当選された方からのレポートです。
一覧ページへ

 
「Wolfman E-12 Saddle Bags」使用レポート
 

・このバッグを選んだ理由。
 私のXR250にはリアキャリアを装着してありますが、町中で買い物をしたときに荷物を乗せるためだけに利用し、林道に行く際にはバックパックを使用しています。これはリアキャリアを使用すると、バイクの重心からかなり離れたところに荷物を載せることになり、それによりバイクの挙動が不自然になるのが嫌なためです。

 今回選んだ商品ならば、重量物を車体の低い位置に収めることができ、且つ、リアキャリア使用時よりバイクの重心に近い位置に荷物を置くことが出来ると思ったから。さらに、シート上にはベルトがあるだけでシート前後への体重移動も可能。ライディングを妨げないだろうと考えたからです。
 

・車体へのバッグ装着に関して。
 バッグに同梱されていた装着方法の説明プリント自体は英語で書かれていましたが、バッグの構造がシンプルなため、文章を読まずとも写真だけで理解できました。
 実際の装着に要した時間は10分程度。今回時間がかかってしまったのは、シート幅にベルトを調整するのにやや手こずったためです。自分の車両にフィッティングさえ合わせてしまえば、次回からは3分もあれば装着できるでしょう。

 ○いい点…3点固定(車両のリアフェンダーにフックを装着し、左右のシートレール)で済むところ。シートを外したりする手間がかからない。フィッティング調整幅が広く、車両を乗り換えても使用できる。

 ○気になった点…シート幅にフィットさせるシート上の調整ベルトがやや使いにくかった。もっと簡単に調整できると楽かなと思う。
 

・実際に使用して。
 同バッグを選んだ理由通り、前後への体重移動も普通にでき、装着することで走行を邪魔することはありませんでした。今回はバックパックも必要なく、背中のムレや肩こりからも解放され大変快適に走行できました。なにより、装着していたことを感じさせなかったのが一番良かったです。

 ○いい点…装着感を感じないため走りに集中できる。シート前後への体重移動が可能。バッグ幅を、コンプレッションベルト一本調整するだけで簡単にできる。一泊程度なら、レインウエア、下着類の着替え、パンクした時の工具などを楽々収納できる。

 ○気になった点…ぬかるみ道や雨の中を走行した際に、泥がバッグに着いてしまうのが気になる。レインカバーがあるとうれしい。もしくは、汚れを拭き取りやすい素材、防水素材(ターポリンと止水ジッパーなど)を使用して欲しい。布の引裂強度が気になる(転倒しても簡単に破れたりしないでしょうが、布の強度が表記されていると安心感に繋がる。特にバイク乗りはベビーデューティな仕様と、スペックに弱いと思うので)。

・その他
 シンプルなデザインと程よい大きさで、装着してもオフ車のスマートなスタイルを崩さないのがうれしいです。Dリングがバッグに装備されており、ツーリングネットの使用など、より幅広い使い方ができそうなところも良かった。

・総評
 大満足です。リアキャリアなどの荷物積載設備を持たないオフ車で林道ツーリングを楽しむ人にこそ打ってつけだと思います。オフ車用バッグの種類が少なく、有ってもシートバッグばかり。そのため、車体に付けるバッグを購入したいと思ったことはなく、林道ツーリングは常にバックパックでした。

 しかし、この製品ならば林道を走行しての一泊温泉ツーリングなどにも、バックパックを持たずに行くことが出来る。この身軽さは魅力です。雨天での使用にも対応してもらえると、一層その活躍の幅は広がると思います。

 こんな素敵なバッグを提供いただきありがとうございました。オフ関連が充実しているダートライドをチェックしていてよかったです。今後も、オフ車乗りの心にグッと来る商品の販売、紹介に期待しています!
 

     

ジャペックスでは、ユーザーの方々のご意見、ご感想を募集しております。採用された方には粗品をご用意していますので、ふるってご応募下さい。詳細は左画像をクリックして下さい。
また、レポートと画像を一緒に寄せて頂いた方は独立したページで掲載させて頂きます。
ご応募をお待ちしております。