fbpx

JAPEX

[

NEWS / ニュース

]

尻痛解消クッション「WILD ASS(ワイルドアス)」取り扱い開始

UPDATE : 2016.04.18

みなさんこんにちは、ジャペックスの山本です。

ライディングの尻痛を解消するシートクッション「WILDASS(ワイルドアス)」の取り扱いを開始いたしました。

一見エアホークのエアシートクッションに似ている製品(その理由はこちらの記事で!)ですが、
ワイルドアスの最大の特徴はこれ↓

ワイルドアス エアとゲルのハイブリッド

画像の青い部分、気になりますよね。

実はこれ、ゲルなんです!
そして、透明の盛り上がっている部分はエアホークお馴染みのエアセル、つまり空気の部屋。


どういうことだ?

と私も見た時思ったので、ここでちょっと解説。

どうやら、「お尻の痛み」と「バイクの乗り方」に関係があります。

お尻の痛みの正体は、長時間座ることによって血行障害を引き起こすこと。それが痛みの原因なのです。
柔らかいシートでも固いシートでも、快適なシートでも、お尻を”動かさない”限り血行障害は起こります。

そこで登場するのが、エアセル。

これが画期的なのが、空気の部屋の繋がりを作ることによって、
お尻が常に動き、血行障害を予防し、結果長時間バイクに乗っていてもお尻が痛くならない。

air-connection

ここに来て何故ゲル?となりますよね・・・

実はエアセルはストップ&ゴーの多い街乗りにはあまり向いていない。
シートとお尻の間に「空気」が存在するため、体が動いてしまうからだ。

この時にゲルが活躍。
街では、空気を使わず(つまり空気を入れない状態にして)本来のシートに近い感覚のゲルクッションでライディング。
そして長距離ツーリングでは空気を入れ、エアでライディング。

このハイブリッド仕様がおいしいワイルドアスの「エアゲル・モデル」、
是非チェックしてみてください!

ワイルドアスをさらに詳しく

(文:ジャペックス 営業担当 山本)