JAPEX

[

NEWS / ニュース

]

【検証】アドベンチャーに最適なブーツはどれ?Gミッドランドはオフをライトに楽しめるブーツ!

UPDATE : 2018.10.03

アドベンチャー、というバイク遊びはここ数年で注目されているジャンル。

オン・オフ混合のツーリングで時には林道や草原を走って冒険しよう!という遊び方。

今回はそんな大注目のアドベンチャーで迷いがちなブーツ選びを解説していきます!

検証するのはこの3つ!


今回検証したのはガエルネのアドベンチャーで使えるブーツ3つ。
左からED−PROGアドベンチャーGミッドランドです。

まずは検証前に全部のブーツにガエルネのウォータープルーフポリッシュを塗りこみます。

レザーの品質保持のためにも活躍してくれますが、見た目がピカピカになるのも嬉しいポイント。

ずっとピカピカのままではなく、しばらくすると革がポリッシュを飲み込んで落ち着きますが、色に深みが出てきます
ちなみにGアドベンチャーだけ異常にテカリが出てきました笑。

(左はGミッドランド、。右がGアドベンチャー)
新品だから大丈夫、と思いがちですが水弾きも良くなるし、革を長持ちさせるためにも必須のアイテムです。

まずはGミッドランドから!

GAERNE Gミッドランド

Gミッドランドは3種のブーツの中で唯一ゴアテックスを採用しているモデル

防水・透湿性は最高級ランクです。

今回はパンツの裾をブーツインした状態で検証。

あんまりタイトなパンツでブーツインすると、ブーツによっては履いた時に中で擦れて痛くなりますがGミッドランドはそこまで強く締め付けないので気にせず履けました。

バックルは全部で2つ。
最上部はマジックテープという仕様。

オフロードブーツとしてはかなりライトな仕様ですが、履いてみたらそのライトさに納得!

ほとんどスニーカー履いてるみたいな気分で履けちゃうんです
締め付けの強さもありますが、そもそもレザーがかなり柔らかく、新品でもかなりの柔軟さ。

今まで固くて足が曲がらないブーツばかり履いてきたので「オフロードブーツってこんなんだっけ?!」と驚いてしまいました…。

足付きもかなり良好。
履いたからといって特に悪くなることもなく、足首が曲げやすいのでホントにスニーカー気分…。

履いてること忘れる身軽さ


いかにもアドベンチャーな道をガンガン走ってみましたが、とにかく負担が少ない!!
今まで普通のオフロードブーツを履いていた方がGミッドランドを履いたら僕と同じようにびっくりすると思います。

シフトチェンジも楽々だし、長いこと履いててもどこかが擦れて痛いみたいなことも無し。

ただ激しいオフロードでスピードを上げていくとこのライトさは若干転倒した時怖いかも…。
締め付けが少ないので「ブーツに守られてる」って感じは少なめ。

防水もバッチリで涼しくなってきた時期的な問題もありますが、ブーツ内の蒸れも気にならないレベルで快適でした。

この後しばらくオフを走り、次の日オンも試してみましたが、この快適さならロングツーリングも余裕
激しくオフ走らないからオンでも使えて、快適なブーツが履きたい!という方にオススメ。

普段ゴリゴリのオフロードブーツを使っている方も軽めのツーリング用に使うのもアリだと思います。

見た目のライトさも魅力


ガエルネの特徴でもある「G」はちょっと控えめ。
派手さ、ゴツさでは3種の中で一番おとなしいモデルです。

オフロードブーツってゴツイのだとかなり目立ってファッションにも合わせにくいですが、その点Gミッドランドは主張が激しくないので、どんな服でもバイクでも違和感なく合わせやすいモデルです。

ソールを見るとわかりやすいんですが、オフとオンのハイブリットな設計なんです。
なので濡れたオフロードでは外側をメインに踏ん張らないと少しずつ滑ってしまったことも。

オンではオフロードソールだからといって使いにくいことはありませんでした。

一応カテゴリ的にはオフロードブーツでしたが、僕はオンオフのハイブリットブーツだと思います。
逆にオフロードブーツってオンだとかなり使いにくいですからね…。

オン多めのライトなアドベンチャーライダーにオススメです!

次回はGアドベンチャーとED−PRO!

驚くほどライトだったGミッドランド。
このライトさがくせになるライダーはたくさんいると思います。

次回はGアドベンチャーをインプレ!
アドベンチャー走行もさらにハードなゾーンに突入し、そこで発揮される性能をガチインプレします!

Gミッドランドの詳しい情報はこちら!

ライダー着用
リュック:ハリケーン バックパック 25リットル
パンツ:KNOX参考商品 Spencer Slim-Fit Motorcycle Jeans

(ライター:佐藤 快/Moto Be 20代にバイクのライフスタイルを提案するWEBマガジン