JAPEX

[

NEWS / ニュース

]

【検証】アドベンチャーに最適なブーツはどれ?Gアドベンチャーはコスパ最強のハイテクブーツ!

UPDATE : 2018.10.05

前回記事:【検証】アドベンチャーに最適なブーツはどれ?Gミッドランドはオフをライトに楽しめるブーツ!

アドベンチャーしてみよう!となるとバイクの次にギア関係も気になりますがブーツ選びは結構悩むところ…。
この企画ではアドベンチャーブーツ3つを履き比べながらそれぞれの特徴をインプレしていきます。

前回はGミッドランドを紹介しましたが、今回はGアドベンチャー、ED-PROです!

Gアドベンチャーからスタート!

GAERNE Gアドベンチャー


前回のGミッドランドと比べてオフロードブーツ感が増したGアドベンチャー。

しかしサイズ的には結構小柄でイメージ的にはオンロードブーツの方が近いイメージです。

ガエルネっぽさを感じる「G」も超目立つわけではありませんが、程よい存在感。

こういうギミックがバイク乗りにとって重要だったりしますよね笑。

装備も若干ゴツめとなりバックルは3つ+最上部はマジックテープ

バックルのデザインはGミッドランドとは違い、締め付けも多少強く感じます

パンツをブーツインで履くなら若干キツめ?とも思いましたが、バックルの長さで調整するとかなりゆとりが出ました。

今回はまだ新品なのでさらに使い込んでいくと革が柔らかくなって馴染んでくるようです。

レザー自体はミッドランドに比べ固めですが、ブーツ自体が短いのでガチガチに固定されてるという感じはしません

固めなのに曲げやすさは確保されてるというのがアドベンチャーブーツの魅力。

足付きもほとんど変わりません。

たださすがにスニーカーとまではいかないので足をピンと張って地面に付く、というバイクの方は最初多少の違和感があるかもしれません。

ただ馴染んでくれば更に柔らかくなるので足付きも変わってくるはず。

今回走り終わった後でさえかなり曲げやすくなってました。

ちょうどいいオフロードテイスト


乗り始めて一番ビックリしたのは最初の固そうなイメージより断然乗りやすかったこと。

乗ったら急に柔らかくなった!ということではなく、固さは変わらないんですがライディングしやすい角度でホールドしてくれるので固さがむしろイイんです…。

気合いを入れて激しく走ってものんびり景色眺めながら乗っててもホールド感のお陰でかなり楽

本来レースで使われるようなガチオフロードブーツの固さはプロテクション以外にもライダーを疲れさせないためでもあるんです。
Gアドベンチャーはそのテイストをうまく抽出して公道を走るライダーが調度よく感じるレベルでホールドしているブーツ。

なのでオンロードでも楽々。
正直、オンとオフでフィーリングが変わる感じではありません。

オフでも使えて、オンでも使えるのがアドベンチャーブーツなんです。

一応ウォータープルーフ!


ミッドランドと違ってゴアテックスではありませんが、一応防水性も完備。

ただ、長時間のずぶ濡れライドだと若干染みてしまう場合も。
今回水たまりに突っ込んだり水しぶきを浴びたりするくらいでは余裕でした。

まとめ

アドベンチャーって確かにこういうことだわ!と改めて実感させてくれたブーツでした。
オンもオフも半々くらいだけど見た目はオフっぽいのがいいなぁ…」というライダーにはまさにピッタリ。

圧着式のソールですが交換は可能、レザーの質はED-PROと同等、と値段を安くするため工夫されているモデルでもあるので今回の3つの中で一番安いというのも魅力。

「コスパ最強」ってこれのことですよ…。
次回は3つの中で一番のゴツブーツ、ED-PROをインプレします!

Gアドベンチャーの詳しい情報はこちら!

ライダー着用
リュック:ハリケーン バックパック 25リットル
パンツ:KNOX参考商品 Spencer Slim-Fit Motorcycle Jeans

(ライター:佐藤 快/Moto Be 20代にバイクのライフスタイルを提案するWEBマガジン