fbpx
menu

[

PRESS RELEASE / プレスリリース

]

【GAERNE】GMX MACH80/マッハエイティ発売開始

UPDATE : 2020.08.20

このたび株式会社ジャペックスはオフロードを愛してやまないライダーのために作られた逸品「GMXマッハエイティ」の発売を開始いたします。モトクロスが一番アツかった80年代。エイティーズのスピードでブッ飛ばせ!をモットーに作られたのがこのGMXマッハエイティ。あの頃を思い起こさせる、ノスタルジック感溢れるモデルとなっています。

GMX MACH80 ブラック(フロントプレート「オリジン」標準装備)

GMX MACH80 ホワイト (フロントプレート「ストライプ」標準装備)

■モデル:GMX MACH 80 /GMXマッハエイティ
■カラー:ブラック、ホワイト
■価格:43000円(税抜き)
■発売日:2020年8月21日(金)

 

商品説明

■フロントプレート
フロントプレートにはレトロなグラフィックが施されています。ガエルネのロゴも当時のものを採用。取り外しも可能で、自分の好みにあったデザインを選んで付け替えることもできます。(付け替え用フロントプレート全4種、別売。近日発売予定)
■フルグレインレザー
アッパー素材は3ミリ厚の上質なレザーを使っており、ひとつひとつ職人の手により縫製され、ガエルネが長年積み上げてきた技術と「Made in Italy」の精神が存分に注ぎ込まれています。
■プロテクション
フロントプレートに加え、スチールトゥ、くるぶしの保護など重要な箇所にプロテクションを施しています。
■バックル
サイドに取り付けられた2つのバックルと、ふくらはぎの大きなベルクロストラップは、足をしっかりとフィットするとともに、脱ぎ履きもしやすくなっています。
■ソールの製法
GMXマッハエイティのブーツは「100年持つ」と言われる北イタリアの伝統製法、ノルウェージャン製法「通称ノルヴェジェーゼ(Norvegiese)」を採用しています。ノルウェージャン製法の大きな利点はソールの剛性が非常に高いということです。この製法はガエルネ創業時から創業者のガッゾーラ氏がこだわってきたもので、いわゆる職人の技術でしかつくれないもの。ガエルネのブーツが今でもイタリアの工場で作られているのはこの理由にもあります。
■HAND MADE IN ITALY
イタリアのベネト州にあるガエルネ工場で職人がひとつひとつ手作業で製造している手作り商品です。
■生産国:イタリア

 

仕様
■外装:本革(フルグレインレザー)、プラスチック
■内装:ファブリック生地
■ソール:ガエルネエンデューロソール (修理交換可)
■重量約:1,200g (26.5cm片足分)
■足入れ高:34cm
■サイズ:25.5㎝~28.5㎝(5㎜刻み)

※右から1番目は別売りのフロントプレート「ビクトリー」取り付け例です。
※左から1番目は別売りのフロントプレート「スター」取り付け例です。

 

■画像はこちらからご自由にお使いください。
https://www.japex.net/download/gaerne/gmxmach80.zip

—————————————————————
・GAERNE社とは?
イタリア、モーターサイクル用ブーツのトップメーカー。
MADE IN ITALYにこだわり、工場には永年経験を積んだ職人達がその卓越した技術で一足ずつ丁寧に手作りしています。最先端の技術と熱意でブーツの開発、提供をしています。
https://www.japex.net/gaerne/

・JAPEXとは?
ジャペックスは40余年、世界の優れたオートバイ用品を日本のライダーに提供しています。 GAERNEをはじめ、 スイスからは完全防水のバイク用バッグ ENDURISTAN、 イタリアンライディングデニムPMJ、 イギリスのプロテクションメーカーKNOX(ノックス)、 フランスからはゴーグルの曇りを解消するAIRFLAPS、 エアクッションはアメリカのWILDASS など、数多くの厳選した商品を日本へご紹介しています。 時代が変われば求められるニーズも変わります。 今ジャペックスは新たな時代に向き合い”バイクユーザーの代理人となりたい”を合言葉に、ユーザーと世界への懸け橋になるべく 日々ユーザーの需要を模索しています。 単にブランディングされただけの商品ではなく、我々が長年培ってきた眼識で、 こだわり抜いたオートバイ用品を提案して参ります。
https://shop.japex.net/

2020年8月吉日

—————————————————————
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ジャペックス  support@japex.net

※本広報資料は、ご自由にご転送・ご引用ください。