fbpx
menu

[

NEWS / ニュース

]

KNOX最高峰グローブのストリート版!「ハンドロイドPOD」は男心くすぐるツーリンググローブ

UPDATE : 2020.10.30

バイク用品って様々な種類がありますが、その中でも装着してから常に動かしている部分にあるのがグローブ。ジャケットやパンツ、ブーツなどは運転中そこまで大きな動きをすることはありませんが、グローブはスロットル、クラッチ、ウインカーなど事あるごとに動かします。だからこそこだわっておいて損はないところです。

今回はKNOXの最高峰グローブ、「ハンドロイドPOD」をご紹介します!

レーシングモデルの公道バージョン

KNOXの「ハンドロイド」はもともと革ツナギを着てサーキットを走るようなレーシングライドを前提に設計されたグローブ。「ハンドロイドPOD」は公道でも使いやすいよう、レーシンググローブをベースに設計されたツーリンググローブなんです。ハンドロイドは袖口部分が長くなっていましたが、ハンドロイドPODマーク4は手首までと短くなっています

カラーが2種類あり、写真は「ブラックサンド」というカラー。グリップ面には、KNOXおなじみのSPSシステムを搭載。いざという転倒時には路面とのスライダー役になって肩や腕にかかる負担を軽減してくれます。一番グリップと触れる部分は切り裂きに強いカンガルーレザーを使用していて、より握りやすく、操作しやすい設計となっています。

エクソ・スケルトン

このグローブで一番目を引くのはやはりグローブ表面に取り付けられたエクソスケルトンシステム。見た目的にも男心をくすぐってくるし、第一こんなのが付いた他のグローブを見たことがありません。

エクソスケルトンシステムは直訳すると「外部の骨格」。各指にパイプ状に通っているこのパーツが転倒などいざというときにはこぶしと指へのダメージを緩和してくれます。見た目からカッコつけ要素が強いように見えるかもしれませんが、実はしっかり守ってくれるプロテクションシステムなんです。

BOAシステム搭載

袖口部分にはBOAシステムを搭載。グローブを装着してダイヤルを回すだけで締め付けられ、外す時はダイヤルを引っ張ると緩みます。一般的にはマジックテープ式が多いですが、ほぼワンタッチで操作できるBOAを一度使ってしまうと便利すぎて手放せなくなるはず!

もちろんグローブをしたままでも操作ができるので、これまでヘルメット被って、またがってグローブ付けて締めて…と時間がかかっていた作業が、ヘルメット被って、またがって、グローブ付けたらダイヤル回すだけ、なのでよりシビアに好みの締め付けにできるし、何より脱着作業が短縮できます。こんなにゴツいグローブなのにこんな簡単に脱着ができるのに驚くはずです!

スポーツバイクにもおすすめ!

レーシングモデルから派生して生まれたストリートモデルとだけあって、スポーツバイクとの相性は抜群。もちろん小排気量のバイクでもなんでも使うことができますが、見た目的にもやはりスポーツバイクのようなゴツいバイクが一番馴染みやすいです。見た目だけでなく、性能もしっかりしたモデルなので次回はいろんなバイクで使ってみて試乗インプレッションしていきます!

次回記事:KNOX最高峰グローブのストリート版!「ハンドロイドPOD」を色んなバイクで使ってみてインプレッション!