fbpx
menu

[

NEWS / ニュース

]

防水ラゲッジならこれ!CT125ハンターカブにエンデュリスタンが使える!「トルネードドラムバック」を取り付けてみた

UPDATE : 2021.08.27

CT125 ハンターカブで使うことができるエンデュリスタンを紹介していくこの企画。

今回はエンデュリスタンの定番、トルネード2ドラムバックを付けてみました。

オフロードバイクや今回のハンターカブ以外にも幅広く使える防水ラゲッジです!

バイクラゲッジの定番ドラムバック

ドラムバックはバイク用ラゲッジの中で定番のアイテム。タンデムシートなどライダーの後ろにスペースがあればほぼどんなバイクでも積むことができ、積み方もシンプルなのでエンデュリスタン以外のブランドでも様々なバリエーションがあるラゲッジです。

ハンターカブにはキャリアがあるのでもちろん積むことができます。

取り付けにはエンデュリスタンのオリジナルROKストラップを使います。ストラップの取り付け部にバックルが付いていて、車体に取り付ける際に簡単で比較的どこにでも取り付けやすい設計となっています。

ハンターカブでは後方のキャリアフレームに通して固定しました。

前側のストラップも同じくキャリアフレームに固定。
ROKストラップにテンションを掛けるとかなり頑丈に固定することができます

ただ荷物の詰め方によっては走行中ストラップだけ左右に動いてしまう可能性があるので、トルネード側のバンドにストラップを通しておくと確実です。

荷物の大きさに関わらずこれ1個で完結!

Mサイズ

まずはMサイズを取り付けてみました。
Mサイズで32Lの容量があるので、1泊のキャンプツーリングくらいの荷物ならこれ1個にすべて詰め込んで完結させることができます。

もちろん防水防塵仕様なので、ツーリングだけでなく積んだままオフロードを走ったり、アドベンチャー、林道ツーリングでも使えるアイテムです。

限界まで荷物を詰めていませんが、Mサイズだとキャリアからちょっとはみ出すくらいの丁度いいサイズ感。

前後どちらかに余白を明けることができるので、テントや椅子など大物系は余白に積んで一緒に固定することもできます

Lサイズ

次にLサイズを積載。
Lサイズは51Lとかなりの大容量なので、キャンプの規模感次第ではありますが1泊以上の荷物を積むことができます

連泊するロングツーリングや、日本一周ツーリングなど、長距離でも安心して使える大容量です。

Lサイズだとキャリアの余白は少なくなりますが、まだ積める範囲ではあるので前後どちらかに追加で積むことも可能。

一般的なキャリアだとすでに大きくはみ出ていると思いますが、ハンターカブのキャリアは横幅も縦幅もかなり大きいのでLサイズでも安定して積むことができました

大きなサイズを積載する場合の注意点としては、トルネードは底に型が入っていないので中身の詰め方次第で下側がたわむことがあります
ハンターカブの場合純正でマフラーにヒートガードが付いているので安心できますが、たわむ量によってはマフラーに触れてしまう可能性があるので、できるだけたわまないように長さがあるものは下に積むほうが安心できます。

もう一点、Lサイズの次のXLサイズも積むことはできますが、中身の詰め方によってはハンターカブのハンドル幅以上になってしまうため注意が必要です。

まとめ

ドラムバックは様々なバイクで使えるだけあって種類は多いですが、最低でも防水機能は絶対にあったほうがいいポイント。
日本じゃ考えられないくらいハードなオフロードでもしっかり防水防塵してくれるエンデュリスタンは信用できると思います。

ハンターカブは街乗りはもちろん、林道ツーリングなどのオフロードも走れるバイクなので、付けるラゲッジもハード系のほうが対応できるシュチュエーションは多いと思います。
走りたい場所やシュチュエーションに合わせてラゲッジも選んでみてください!