fbpx
menu

[

NEWS / ニュース

]

防水ラゲッジならこれ!CT125ハンターカブにエンデュリスタンが使える!「パニアトッパー」を取り付けてみた

UPDATE : 2021.08.30

アドベンチャー、エンデューロで活躍してくれる防水防塵ラゲッジのエンデュリスタン。

オフロードバイクメインのラゲッジですが、実はモデルによってはオフ車に限定せず色んなバイクで使うことができます。

今回はCT125 ハンターカブにエンデュリスタンのパニアトッパーを取り付けてみました!

キャリアにも使えるパニアトッパー

こちらがハンターカブの純正キャリア。タンデムシートがなく(後付可能)、その分一般的な社外キャリアよりも大きなサイズなので、積載はもちろんラゲッジを積むのも余裕なサイズです。

ボックスやパニアケースを取り付けることもできますが、普段使いもしていて取り外ししたり、他のバイクでも使いたい方などにはパニアトッパーのようなラゲッジのほうがおすすめです。

パニアトッパーは元々パニアケースの蓋の上に取り付けることができるラゲッジ。ですが、取り付け方法を変えるとキャリアに直接取り付けて使うこともできます。

サイズはS(左)とL(右)の2種類
早速キャリアに取り付けていきます!

取り付け方法

パニアトッパーは4本のストラップが出ていて、それぞれにフックが付いています。
本来ならこのフックをパニアに引っ掛けて取り付けるんですが、今回はこれをキャリアに引っ掛けて使います。

しかし、写真の通りキャリアの外枠はフックより微妙に太くて引っかかりません

ストラップの長さを調整して一度一番の長い状態まで伸ばし、キャリアの裏側にフックを固定
キャリアによってフックをかけられる場所は様々だと思いますが、ハンターカブのキャリアは後ろの裏側に引っかかる場所がありました。

パニアトッパーの位置を合わせ、後ろ側左右のフックを引っ掛けられる長さにしたら、軽めに引っ掛けて次は前側のストラップへ。

前側はストラップを裏へ回すのではなく、キャリアの前側がフックの引っかかる太さになっているのでここに引っ掛けることに。

フックの角度によっては最初入れにくい部分もありましたが、太さが均一ではないので隙間を移動してフックを入れると引っ掛けてからフックの位置を変えることができました。

こちらもパニアトッパーの位置がズレない程度にテンションをかけ、前後のストラップに均一にテンションがかかるように引っ張っていきます

テンションがかかるとかなりガッチリ固定できるので、パニアトッパーを揺らすと車体も一緒に揺れるくらいまで固定すれば完了です。

取り付け・取り外す際の注意点

ストラップにテンションを掛けると写真の左側のように後ろ側だけストラップが余ってしまうことがあります。

この状態でもテンションはかかっているんですが、この状態だと走行などの振動が加わったときに後ろの余った分がストラップ自体を緩めてしまう可能性があるので、写真右側のように前後どちらにも余りがないようにテンションをかけてください

次に取り外す際は各ストラップのテンションを緩めて外すだけなので割と簡単ですが、前側のフックが写真のように引っかかって外れないことがあります。

その時はストラップに余裕をもたせ、キャリアの隙間の脇の方にフックを移動させると外れるので、無理やり引っ張らずできるだけ力をかけずに外してください。

デイツーリングユーズにピッタリの大きさ!

Sサイズ

パニアトッパーのSサイズを取り付けるとこんな感じ。
Sサイズは12Lなので、すごい量の荷物が入るわけではありませんが、小物は一通り入れることができます。

前後にまだスペースが余っているので大物は隙間に、小物はまとめてパニアトッパーに、という使い方もできそう。

車体全体で見ても主張が激しくない大きさなので丁度いいサイズ感だと思います。

僕は普段の足としてハンターカブを使うときは普段リュックを背負っていますが、パニアトッパーを付けているときはリュックの中身を全部パニアトッパーに入れ、手ぶらで移動してました

写真はキャンプ道具を詰めたとき様子。
バーナーに小さい焚き火台、クッカーを詰めてもまだ余裕なので隙間に貴重品を入れました。
それでもまだ小物なら入りそうなサイズ感です。

12Lと聞くとちょっと小さそうに感じますが、デイツーリングに使うくらいの荷物ならSサイズで十分収まってしまう大きさだと思います。

Lサイズ

続いてLサイズを装着。
Lサイズは15LとSサイズより3L大きいですが、付けた感じの差はもっとありそうなくらい大きく見えます。

SサイズもLサイズも横幅、高さ、深さは同じですが車体に対しての縦幅が違うため、キャリアに取り付けるとLサイズの場合はSサイズほど前後に隙間ができません。

キャリアぴったりの大きさではありませんが、全体で見るとキャリアが隠れる程度のサイズ感。
パニアに付けたらLサイズは結構な大きさですが、キャリアに付けるならベストなサイズだと思います。

LサイズはSサイズの荷物に加えて折りたたみのハンモック(骨なしタイプ)も入りました。
それでもまだ余裕があるので、デイキャンプの荷物くらいはこれ1個プラスアルファくらいで収まると思います。

パニアトッパーは蓋側にメッシュポケットとバンジーコードが付いているのでここにも小物を入れたり、寝袋などを縛るという方法もあります

まとめ

ハンターカブのキャリアは大きいだけあって積めるものは様々。大物を積むこともできますが、パニアトッパーはリュックに積めるような荷物なら大体積むことができるスグレモノ。

細々とした小物や、大きなラゲッジを使うほどでもないサイズの荷物を積むのに丁度いいサイズ感です。パニアトッパー以外にもハンターカブにエンデュリスタンを使うことができるので、続々紹介していきます!