fbpx
menu

[

NEWS / ニュース

]

防水ラゲッジならこれ!CT125 ハンターカブにエンデュリスタンが使える!「サドルバッグ」を取り付けてみた

UPDATE : 2021.11.12

人気が衰えることのないカブシリーズ。
特に昨年出たばかりのCT125の勢いは止まりません!

ここではそんなCT125で使えるエンデュリスタンを紹介していきます。

今回はブリザードサドルバッグを取り付けてみました!

両サイドに積載できる

エンデュリスタン ブリザードサドルバッグはオフロードバイクのリア側両サイドに荷物を積載するためのラゲッジ

ですがCT125でも使うことができます。
サイドバッグなどはあっても、サドルバッグのように両サイドにこの形で積めるラゲッジは少ないと思います。

今回はMサイズを取り付けました。
車体に対して大きさも丁度いいので、真横から見た時のスタイリングもスッキリしています。

この下のSサイズも取付可能で、Mサイズの上、Lサイズ、XLサイズも物理的には取付可能ですが、ハンドル幅をオーバーしてしまわないように注意が必要です。

ストラップは特に加工せずスタンダードのまま使用。

前側のストラップはタンデムステップやメインフレームに、本来リアフェンダーに引っ掛ける爪をキャリアに引っ掛けて固定しました。

形が若干複雑にはなりますが、これでもかなり頑丈に固定することができました

本来オフロードバイクに取り付ける時のストラップの取り回しと同じ形です。

サイドバッグサポートがあったほうが確実

ブリザードサドルバッグは本来オフロードバイクのサイドフェンダーに当てて安定させるもの。
しかしCT125には代わりになるものが付いていないため、左側は多少安定感が少ないです。

リアサスサスペンションに当たっているのでタイヤに巻き込まれる事はありませんが、多少内側にたわんでしまいます

Mサイズではリアタイヤに巻き込まれませんでしたが、LサイズやXLサイズの場合は荷物の詰め方や取り付け方を気をつけないと巻き込まれる可能性が無きにしもあらず。

なので本来サイドバッグを取り付けるためのサイドバッグサポートステーがあったほうが確実に、安定して取り付けることができます

右側はマフラーに当たっていますが、CT125は純正でヒートガードが付いていて、そこに当たって安定しています。

試しに取り付けた状態で走ってみましたが、Mサイズでは熱でサドルバッグが破れたり、マフラーに付いてしまう事はありませんでした
社外マフラーに変えている場合や純正でも不安に感じる方はエンデュリスタンのヒートシールドを使うことをおすすめします

キャリアは活かしたまま積載可能!

CT125で使えるサイドバッグなどは他にも多数ありますが、両サイドに積める1つにまとまったラゲッジは珍しいと思います。

両サイドに積むのでキャリアはそのまま活かしてドラムバッグを積んだりすることも可能
ドラムバッグはただでさえ大きいので、サドルバッグと合わせると、ドラムバッグLサイズで51L、サドルバッグMサイズで12L×2で合計75Lも積むことができます。

ハンターカブでそこまで積むのか?という話になりますが、カブは使い方を限定せず、様々な使い方、遊び方ができるもの

荷物を山盛り積んでロングツーリングに出かける方もいますし、日本一周する方だっています。

エンデュリスタンは使い方とアイデア次第でいくらでも荷物を積めて、便利に使えるラゲッジなので、エンデュリスタンで理想のカブライフを追求してみてください!