fbpx
menu

[

NEWS / ニュース

]

ガエルネ「ファストバック エンデューロソール」と「ED-PRO」は何が違う?履いてみて機能面での違いを比較検証!

UPDATE : 2021.10.20

関連記事:ガエルネ「ファストバック エンデューロソール」は林道ツーリングで使える!エンデューロライドでインプレッション!

林道ツーリングでもオフロードブーツは持っておきたいアイテムの一つだと思います。

ガエルネはモトクロスモデルだけでなく、エンデューロやアドベンチャーライドを想定したモデルがありますが、中でも林道ツーリングでおすすめしたいのが「ファストバック エンデューロソール」。

しかし林道だったらファストバックより前からある「ED-PRO」も同じ立ち位置のはず!
そこで今回は「ファストバック」と「ED-PRO」それぞれ林道で使って違いを解説していきます!

見た目での違い

ファストバックはエンデューロやラリーライダーのために操作性とプロテクション性能をバランスさせて設計されたブーツ

モトクロスソールのバージョンとエンデューロソールのバージョンの2種類がありますが、林道で使うならグリップ力の高いエンデューロソールがおすすめです。

マイクロファイバー(合皮)とプラスチックで構成された設計でエンデューロブーツにしてはプラスチックパーツが多いブーツとなっています。

ED-PROはエンデューロ、林道ライディングをするために徹底的に考えられたガエルネのロングセラーモデル
基本コンセプトとして「歩きやすく、履きやすい」というのがメインとなっていて、バイクに乗っているときはもちろん、降りて歩いてるときのことも想定して作られています。

ED-PROのEDはエンデューロのことなので、ガエルネの考えるエンデューロライディングにおいて最高峰とも言えるモデルです。

ED-PROはファストバックとは対象的にプラスチックパーツが極端に少なく、最高級のフルグレインレザーメインで構成されています。

ファストバックのバックルは他のモトクロスモデルなどと同様に4点式となっていて、着脱はかなり簡単。

ストラップの長さ調整もできて、引っ掛けて閉じるだけのワンタッチ設計となっています。

ED-PROのバックルも同じく4点式ですが、バックルの形が違い、ストラップを引っ掛ける位置が手前と奥の2種類あるので、シチュエーションに合わせてストラップの長さを調整することなく締め付けを変えることができます

バックルの取り付け位置も3段階に調整可能でふくらはぎが太い方にも対応した設計となっています。

ソールの違い

ファストバック エンデューロソールはガエルネオリジナルのブロックソール

モトクロスモデルのソールと似ていますが、モトクロスソールよりも凹凸が多く、林道で考えられる土や砂利道、ぬかるんだ土などあらゆる路面に対応したソールとなっています。

ED-PROのソールは登山靴などでも使われるビブラムソールを採用

見た目も登山靴のような雰囲気で林道などのシチュエーションはもちろん、エンデューロなどで考えられるハードな状況にも対応しています。

実際ファストバックでバイクを降りて押して見ると、ぬかるんだ土、砂利道、落ち葉混じりの土などでも十分なグリップを発揮してくれました

しっかり足の裏で地面を掴んでいる感覚があるので、坂道などハードな状況でもしっかり踏ん張ってバイクを押すことができます

ED-PROでもぬかるんだ土、砂利道、落ち葉混じりの土など同じシチュエーションで試してみましたが、こちらもしっかり地面を掴んでグリップしてくれます。

しかし2つの大きな違いは、ファストバックはソール自体がグリップしているのに対し、ED-PROもソールがグリップしていますが、足先からかかとまでがたわむことで地面を掴んでグリップしています。
ファストバックはプラスチックパーツが多いためこういう動きはできません。

今回のシチュエーションではどちらも大きな違いはありませんでしたが、ブーツとしてグリップするのはファストバック、ブーツ+足としてグリップするのがED-PRO、という違いはあると思います。

操作性の違い

ファストバックはプラスチックパーツが多いですが、操作に関わる縦方向には動かしやすく作られているため、シフトペダルの下に足先を入れるなども簡単で履けば履くほど抵抗なくスムーズに操作することができます

地面に足をついても足を真っ直ぐに伸ばしやすいので、車高が高いバイクでも支えやすさは抜群!

ED-PROはプラスチックパーツが少なく、レザーメインなので、履いて足に馴染んだらシフト操作はかなりのしやすさ
足先の高さもレザーの分ファストバックよりも低いので、入れやすさはED-PROのほうが上かもしれません。

しかしどちらも違う目線で動きやすさは十分に確保されているので、足先の厚さ以外は大きな違いは感じませんでした。

プロテクションの違い

ファストバックは足首部分にアンクルフレームを採用しており、同時にピポッド構造になっているので、縦の動きの操作性は保ちながら横方向のねじれは抑えるというプロテクション性能にも富んだブーツです。

ブーツ全体もプラスチックが多いので、剛性はかなりの高さ。
仮に転倒してバイクの下に足を挟まれたとしても「これなら大丈夫だ」と思えるくらいの十分なプロテクション性能があり、履くとそれが伝わってきます。

ED-PROはレザーメインのブーツなので、動かしやすさはもちろんですが、ファストバックのようなプラスチックのプロテクションではなく、分厚いレザーでのプロテクション。

縦方向の動きは動かしやすく、横方法のねじれもしっかり抑制してくれますが、アンクルフレームなどのプラスチックパーツはなくレザーの固さでの保護なので、ファストバックと比べてしまうとプロテクション性能は劣っています

しかし、林道レベルであればED-PROのようなレザープロテクションで十分とも思える一面も
ここからは人それぞれですが、ED-PROにも十分なプロテクション性能はありますが、ファストバックのほうが高いのは確かです。

次回、ライディング時の違いを解説!

見た違いだけでも大きく違うこの2つ。
どちらも同じエンデューロ目的で設計されたブーツなので、どっちが良い、どっちが悪いということではありませんが、考え方の違いによってキャラクターも異なるため、同じシチュエーションでも少しづつ違う部分が見えてきます。

次回は乗ってみての違いを解説していきます!