fbpx
menu

[

NEWS / ニュース

]

ガエルネってどんなメーカー?

UPDATE : 2016.02.29

オートバイ用ブーツメーカーとして日本のみならず世界的に人気のあるガエルネ。

北イタリアの靴産業の地、トレビーソに本拠を構えています。ガエルネの創業は1962年。
自転車用そして創業時から続く登山用ブーツを生産しています。

ところでガエルネとはいったいどんなメーカーなのでしょう?ここで簡単ですがその歴史 をご紹介します!

GAERNE0 libro.pdf2

創業者 ガッゾーラ・エルネスト氏

まず初めにご紹介したいのがガエルネの創業者であり,いまだ現役でガエルネを率いるガッゾーラ・エルネスト氏。
御年84歳になる職人肌の人物です。ガエルネの語源はガッゾーラの「ガ」、エルネストの「エルネ」にちなんだもの。

創業当時はこの手の名づけ方法が流行っていたとのこと。
(ちなみにソールで有名なVIBRAM社も創業者のビターレ(Vitare)ブラマーニ(Bramani)にちなんでいるのはマメ知識。)

GAERNE0 libro.pdf

靴職人からの独立

ガエルネのあるイタリア北部トレビーソ地方はかつて軍用靴をつくるために靴職人が集められた伝統の地。
今でも質の良い革や靴用の素材などよい靴を作るための最新情報が真っ先に集まる場所なんです。
登山靴メーカーをはじめ、オートバイ用、自転車用、スキーブーツメーカーなどあらゆるカテゴリーの靴メーカーが集中しています。
小さなころから靴職人の父親をみて育ったガッゾーラ氏。
例にもれず靴工場で働き職人として腕を磨きます 。そして30歳、1962年に登山靴メーカーとしてガエルネ社をスタートさせたのです。

GAERNE0 libro.pdf3

モーターサイクルブーツメーカーへの転機は

ガッゾーラ氏の腕の良さからコツコツと販売数を伸ばしてきたガエルネ。
モーターサイクルブーツメーカーとしての転機は70年代中頃。
モトクロスに夢中になっていた息子ジュリアーノ(当時はFANTICに乗っていた)にモトクロスブーツをあつらえたのが始まりです。
その第一号のモトクロスブーツはいまもジュリアーノの自宅に大切に保管されています。

20160128_5

MADE IN ITALY

ごく一部のブーツを除きガエルネのブーツはガエルネ本社の工場で1足1足丁寧に生産。
ブーツの生産は自分の目のところで。ガッゾーラ氏の品質に対するこだわりが感じられますね。
そのガッゾーラ氏、ガエルネ本社に社長室はあるのですが、いつも電気が消えていて不在。
どこにいるのかと言えば工場内をウロウロし、職人さんたちに技術指導をしています。職人さんたち大変(汗)。
ただガッゾーラ氏の品質へのこだわりがガエルネの品質を支えているのは間違いないようです。

ほんのさわりだけですが、ガエルネってこんなメーカーなんですよ。
ユーザーのみなさんに「履きやすいよね、ガエルネ」とよく言われますが、それは「モトクロスブーツもレーシングブーツも、ブーツである前に一足の良質な靴でなければならない」という ガエルネの靴造りの理念の現れです。

創業時から靴作りに情熱をささげるガエルネ。少しでもガエルネのことを知ってもらえたら嬉しいです!

ガエルネのご紹介でした~!