JAPEX

[

NEWS / ニュース

]

【キャンプ】CRF250L×エンデュリスタンにキャンプ道具を満タン積載!実はこんなに積めるんです!vol.1

UPDATE : 2018.08.08

シーズンは夏真っ盛り!
今年は猛暑に見舞われていますが避暑地にキャンプツーリング、という楽しみ方もアリかも?

今回はエンデュリスタンにキャンプ道具を積んで河口湖へ出掛けてみました!

アドベンチャー仕様にカスタム!

CRF250L


今回ツーリングに使ったのはHondaのCRF250L。
日本だけでなく世界のオフローダーに愛されるデュアルパーパスモデルです。

エンデュリスタンの装着でアドベンチャー仕様へとアップグレードしちゃいました。

東京から高速を使って移動しましたが、装着したことでハンドリングが変わってしまったり、振動が生まれたりすることもなく快調そのもの。

エンデュリスタンはあくまで後付けのバックですが、イメージ的には装着、というよりも単純にバイクそのものにポケットが付いたような感覚。
車体パフォーマンスの邪魔は一切ありませんでした。

林道を走ってみても全然大丈夫!

さすがスイスのアドベンチャー好きが作ったハードエンデューロバックというだけあります。

キャンプには十分な積載力


今回リアに装着しているのはブリザード サドルバッグMサイズ。
肝心な積載量は…

こんな感じ!
それぞれ左右に入れていたもの全てです。

ランタンやバーナーなどの小物はもちろん、寝袋とアウトドアチェアも入りました!

背負っているハリケーン バックパック25リットルにはサイドのストラップを使ってテントを縛りました。

積載量は…

こんな感じ。
着替え一式とテント内で使うエアマットとブロアー。
仕事の関係でどうしても手放せなかったMacbookの13インチも。

厚手タイプのエアマットはかなりかさ張りましたが、25リットルは奥行きもあるのでなんとか入りました。

サンドストーム4Xタンクバッグには貴重品関係。

見かけによらず結構入るんです。

財布とカード、バッテリーにキーケースなど、入れようと思えばまだまだ余裕。
簡単に取り外しできるので、SAなどの休憩の時でも安心でした。

サンドストームの魅力はもうひとつ。

スマホホルダーなしでもナビとして使えるのがかなり便利!

内部のバッテリーからケーブルを引張ってこの状態で充電も出来ちゃいます。

次回、キャンプの魅力!


キャンプ道具を下ろして設営したらいよいよ本番!
このシーズンだから楽しめるキャンプの魅力も合わせてご紹介します!

関連記事:【キャンプ】CRF250L×エンデュリスタンにキャンプ道具を満タン積載!河口湖へキャンツーに行ってみた!

今回使ったエンデュリスタン

ブリザードサドルバッグ Mサイズ
ハリケーン バックパック 25リットル
サンドストーム4X タンクバッグ

ライダー着用
ブーツ:ガエルネ フーガ
ヘルメットアクセサリー:エアフラップス
グローブ:KNOX オルサ OR3
ジャケット:MACNA REFUGE
パンツ:KNOX参考商品 Spencer Slim-Fit Motorcycle Jeans

(ライター:佐藤 快/Moto Be 20代にバイクのライフスタイルを提案するWEBマガジン