fbpx

JAPEX

[

NEWS / ニュース

]

KNOX アーバンプロは着るプロテクター!シャツ気分なのにしっかり守ってくれる完全防御ジャケットだった!

UPDATE : 2019.10.18

バイクに乗る上で万が一のことを考えて装備するプロテクター。

しかし今までのプロテクター入りジャケットって”いかにも”なデザインの物や、比較的カジュアルでも入っている部分が少なかったり、ライダーそれぞれ理想は違いますが最近ではもっと色んな種類のプロテクター入りアパレルが出てきました。

今回はシャツ感覚で着れてしまうKNOXのアーバンプロをご紹介します!

体にフィットする最強のシャツ


アーバンプロはメッシュ素材を採用し、プロテクターを装備したライディングアーマーシャツ

着た感覚的には普通のシャツ+αくらい体の動きを制御せずにフィットしてくれるんです。

メッシュが多く採用されていますが、前側は特にメッシュが効いているので走っていると通気性抜群。

ただのメッシュではなく切り裂きと磨耗に強い特殊素材を使っているので見た目以上に頑丈な作りとなっています。

背中にはMICRO-LOCKプロテクターを搭載

外観ではわかりにくいですが…

中から見るとかなり大型のマイクロロックが入ってます(取り外し可能)。

ここまで大きいと体の動きがセーブされてしまいそうですが、マイクロロックは普段は柔らかく衝撃時に固くなる素材なのでかなり柔軟にしなってくれます。

肩と肘にも同じくマイクロロックを搭載。

腕部分は少し細い作りになっているので装着感はありますが、プロテクターが入ってるとは思えないくらい細身にフィットしてくれます

こちらも取り外し可能なのでシチュエーションに合わせて肩だけ抜いたり、簡単に脱着できます

純正では肩、肘、背中の3点ですが、全体的に体のラインにフィットする作りなので、さらに追加して胸部プロテクターなども装着する余裕があります。

袖部分から輪っかが出ていて、これを指に通すことで高速などでも裾が捲れ上がることもなく、装着感も向上します。

どちらかと言うと腕を通して着るというより体全体で着ているというくらい、フィット感の高いアーマーシャツです。

サイズ感は?


身長170cmの平均体型のライダーでLサイズを着用。
Lサイズでも着てみるとかなりタイトなので、この上にパーカーやシャツなど普段着を着るなら丁度いいサイズ感だと思います。

少し余裕を持って着たかったり、上に何も着ないのであればワンサイズアップでも良いかもしれません。

柔軟性抜群の着心地!


プロテクター入りのジャケットって体の形をロックされたような感覚がある物もありますが、アーバンプロは真逆。
着たまま運動できてしまうくらい柔軟に体に合わせて動いてくれるんです。

体の動きをセーブしてプロテクションするのではなく、あくまでプロテクターを体にフィットさせる補助器具と言えるくらいジャケットとは一味違った感覚

メッシュ部分から外気がガンガン入ってくるので、真夏でも涼しく走れます

腕部分は他ほどメッシュ部分が少ないので多少暑く感じることもありましたが、その代わり肩と肘の装着感はほとんど感じませんでした。

もちろんアーバンプロだけなら服のバタつきなども全く無いので、長距離のツーリングなどでも疲れずに着れるアイテムです!

練習などにも最適


アーバンプロの良いところはこれを着れば各部のプロテクションが一度に装備できること。
もちろんツーリングなどでも重宝しますが、個人的にはプロテクションを使う可能性が高いバイクの練習で一番使ってます。

ジムカーナやウィーリーの練習など、転倒する可能性が高いのでこれを着ておくだけで安心感が段違い

アグレッシブに動いて汗ばんでも走っていれば風が入ってくるのでかなり便利。
いつもは暑くて休憩するんですが、気づいたらいつもより長く練習してました。

ここまで簡単に、一気に脱着できるプロテクターは存在しないので、アーバンプロならではのメリットです。

まとめ

ライディングウェアにプロテクション性能を求めるか、カジュアルさを求めるか、ライダーによって考え方はそれぞれですが、そういう意味ではアーバンプロはどこにも属していないジャンル。

そのままでも着れるし、更に重ね着もできるので「こういうのを待ってた!」というライダーも多いんじゃないでしょうか。

使い方、活かし方は無限大のアーマーシャツでした!