fbpx
menu

[

NEWS / ニュース

]

BMW R1200GSでアドベンチャーブーツ「Gミッドランド」を履いてみた

UPDATE : 2020.07.28

出逢いは突然に

どこでも走れるアドベンチャーバイク「R1200GS」に乗っていながら、オフロードを全く走らない純オンローダーな僕は「ガエルネのブーツ」に対して「オフロード用」という先入観があった為、なかなかチャレンジできないでいました。ですが出逢いは突然やってきました。オンロードのツーリングでも快適に使えて、林道も走れるブーツ「Gミッドランド」のことを知ったのです。ガエルネのPVでGミッドランドを履いたライダーが、雪の中をアフリカツインで走る動画を見て、ビビッときたのです。

出逢いのきっかけとなった動画はコチラ!
YouTube JAPEX GLOBAL CHANNELより

 

見た目と履き心地のギャップ

まず履いてみて驚いたのが、ツアラー向けのゴツいアドベンチャーブーツで、その見た目に反して履き心地が凄く良かったこと。意外にも柔らかい感じで、フィット感が抜群に良いことに感動しました!これがバリッバリのオフロードブーツなら、恐らくオンローダーの僕は躊躇してしまいますが、オンロードもオフロードも走れるハイブリッド仕様なので、気兼ねなく履くことが出来ました。なんせ、ツアラー向けとアピールしているので、長時間のライディングでも疲労が少なく、おまけにゴアテックス採用で悪天候にも強いのです。雪上バイクでも使用しましたが防水性能は確かなものでした。雪上でトータル5時間くらい履いても全く濡れることがありませんでした。それでいてスネ、くるぶし、かかと、つま先にはがっちりとしたプロテクター内臓です。

思わぬ誤算

足のサイズが25.0㎝で、ドイツ産の愛車のブレーキとチェンジペダルが今までちょっと遠かったのですが、Gミッドランド25.5㎝を履いたらちょうどよく、ペダルに普通に足が届くようになりました。実は僕のように足が小さめのライダーにもチャレンジしてみて欲しいブーツです(ちなみに足の長さはモデル級の僕です)

ツーリング中にカフェに立ち寄ったり、観光地をぶらぶらとするのが好きという方には、歩き易さも非常に重要なポイントです。結論から言うと流石にGミッドランドで長時間歩くことはキツいですが「思った以上に歩ける」意外に普通に歩けることもわかりました。GORE-TEXなので透湿性があり、ムレにくく快適でした。靴を脱いで上がるような場所でも、バックルとベルクロを外すとサクッと脱ぐことができるので「脱ぎ履きがめんどい、、、」ということもありません。

気持ちがあがる

カッコいいアイテムを身につければ、あたかも自分がデキる男になったかのように錯覚する、最初はイメージから入ったわけですがその履き心地、機能性、安心感、どっしりとした安定感を一度知ってしまうと、多くのライダーが愛用するこの品質に納得ができました。ちょっとしたきっかけで新しい世界を開拓できたような気分です。まさにアドベンチャーですね。みなさんも先入観にとらわれずいろいろと挑戦してみると新しい世界が開けるかも?



さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済の放浪系バイク乗りです。
愛車:世界最強旅バイク「BMW R1200GS」世界一頑丈なバイク「HONDA XELVIS」