fbpx
menu

[

NEWS / ニュース

]

グローブ選びのコンシェルジュ「サイズガイド」を検証してみた ~KNOXハドリー編~

UPDATE : 2021.06.07

女性にとってオンラインショップで服飾品を買うのはなかなか難しいですよね。

そんな時の助けになってくれるのが商品ページに記載されているブランド毎のサイズガイド。いわばオンラインショップでのコンシェルジュ的な役割を果たしてくれるものです。

今回は、そのサイズガイドに沿って本当にKNOXハドリーMK2のジャストサイズが選べるのかどうかを検証してみたいと思います!

 

結論から言いますと、サイズガイド通りの採寸ジャストサイズを選ぶことが出来ました。

では、どのように選んだのかまずは商品ページのサイズガイドを見てみましょう。

 

どう計るのが正解なのか?

手の平の一番幅の広い部分、つまり親指の付け根あたりから小指の付け根を結ぶラインですね。そこをぐるりと一周計るように記載されています。

筆者の手は、身長169㎝ということもあり、女性にしてはやや大き目。指はやや太めでそんなにスッと長いわけではなく爪も伸ばしていません。

計り方によって、サイズがどの程度違うのかも検証してみたいと思います。まずは手を開いた状態で計ってみます。

19.6㎝です。

では、次に普通に手を握って計ります。 19.3㎝です。

おや、普通に握っただけだと、開いた時より少し短いですね。そう考えると計り方によって誤差がありそうです。では最後にサイズガイドの指示通り硬く握って計ります。 20.5㎝です。

驚いたことに握り方の違いで約1㎝程度差がありました

「硬く握る」と言われてもどの程度の硬さかわかりにくいのですが、グッと力を入れて手のひらに爪跡が少し付くくらいの力強さで力いっぱい握りました

防寒用のグローブと異なり、ライディング用のグローブはハンドルを握るためのグローブなので、手がスムーズに入るだけではなく、ハンドルやブレーキレバーをしっかり握った状態で違和感なく手指の動きを妨げないために、このような計測方法にしているのだそうです。なるほど!

ちなみに、握る時に親指を中に握っても、外に出してもサイズは変わらなかったので、爪が長くて当たるようであれば親指を中に握り込んで計るといいかもしれません。

 

計った長さに合わせてサイズを選ぶと、結局どっち?

サイズガイドに沿って選ぶ場合、軽く握った19.6㎝だと大きい方を選んでもMサイズ、硬く握った20.5㎝だとLサイズです。実際にMサイズとLサイズ、両方試着してみます。 ハドリーは手首が広めの作りなのでMサイズもスムーズに手を入れることが出来ますが、指のまたがちょっと浮いているような引っかかるような詰まった感覚があります。

こちら↓はLサイズです。指の詰まりもなく、スムーズに手指が動きます。大きい方を選んだからと言って手のひらがぶかぶかだったり、ゆるく感じることはありません。ハンドルを握ることを考えるとやはり指の違和感のないLサイズがジャストサイズですね。

 

まとめ

グローブのサイズを計る時は、必ず手のひらに爪跡が少し付くくらい力いっぱい握って計ること。軽く握った状態だと1サイズ小さくなってしまいますのでご注意を。

※今回は女性用ショートグローブ「ハドリーMK2ブラック」のサイズガイドを検証しましたが、男性用のグローブ選びについても計測の仕方は同様です。しっかり固く握って計測して下さい。

関連記事:レディース防水ショートグローブ KNOX「ハドリーMK2」の使用感と防水力を検証