fbpx
menu

[

NEWS / ニュース

]

バイクブーツの選び方「サイズガイド」を検証してみた ~ガエルネ「フーガ」編~

UPDATE : 2021.09.24

先日ガエルネ「ナンバー145」のサイズガイドを検証しましたので、「FUGA」についても、同様にジャストサイズが選べるのかどうかを検証してみたいと思います!

結論から言いますと、サイズガイド通りでジャストサイズを選べました。ナンバー145と同じく、比較するスニーカーの選び方にポイントがありました

では、どのように選んだのか実際に検証した様子をご覧下さい。

まずはサイズガイドを確認しよう

フーガの商品ページには↑のようなサイズガイドが記載されています。

筆者の普段履いているスニーカーは国産メーカーのアシックスなら24.5㎝、海外メーカーで25~25.5㎝です。幅広甲薄なので海外ブランドのスニーカーだと幅が合わないので必然的に大きいサイズになってしまい、中敷きが必要だったり、靴選びにはかなり苦労しています。普段履くスニーカーサイズに24.5~25.5㎝と幅があり、サイズガイドに合わせると25~26と開きがあるので小さい方から順番に履いてみます。

サイズガイドに合わせて履いてみた

まずは25を履いてみます。(厚手の靴下を着用)

履き口がガバッと広く開くので履きやすいです。…が、足を入れてみると幅がかなりタイトで足の両側が当たってしまい、これは痛くて履けません。

次は25.5を履きます。こちらも履くのは履きやすいのですが、まだ親指側が当たります。試着だけならいけそうな気がしますが、長時間履き続けるのはきつそうです。

最後に26を履いてみます。お、幅がちょうど良く足は当たりません。これならずっと履いていても痛くなることもなさそうです。つま先に少し余裕がありますが、幅がぴったりなので、足が前に滑ることもなく、違和感はありませんでした。

インソールを入れて履いてみた

フーガとNo145は他のガエルネ製品と異なり、インソールが付属品として写真のように同梱されています。革が馴染んだ時や夏場に薄手の靴下を履く際の調節用に使うとオールシーズン快適に履くことが出来ます。

インソールを入れることで、つま先に感じた余裕の空間を上手く埋めてくれてフィット感が増しました。筆者は甲薄なので初めからインソールを入れるとフィット感が増すのですが、足がむくんでキツく感じる際にインソールを取り外して微調整出来るのはありがたいです。

甲高の方は普段はインソールを使わずに履いて、夏場に使用するのもよさそうです。

まとめ

サイズガイドに合わせるスニーカーサイズに幅がある場合は、一番大きいサイズに合わせて選ぶとジャストサイズが選べます。

特に足幅が広く靴選びに苦労する方で国内ブランドのスニーカーしか履いていない方は、付属のインソールで微調整出来るのでサイズガイドよりもワンサイズ大き目をおすすめします

関連記事:バイクブーツの選び方「サイズガイド」を検証してみた ~ガエルネ「ナンバー145」編~

関連記事:ガエルネの人気ツーリングブーツ「ナンバー145」と「フーガ」はどう違うのか比較してみた