fbpx
menu

[

NEWS / ニュース

]

ガエルネ「ファストバック エンデューロソール」と「ED-PRO」は何が違う?林道ツーリングでの違いを比較検証!

UPDATE : 2021.10.22

関連記事:ガエルネ「ファストバック エンデューロソール」は林道ツーリングで使える!エンデューロライドでインプレッション!

関連記事:ガエルネ「ファストバック エンデューロソール」と「ED-PRO」は何が違う?履いてみて機能面での違いを比較検証!

ガエルネのエンデューロブーツであるファストバック エンデューロソールとED-PROを比較していくこの企画。

どちらも同じエンデューロブーツですが、考え方や設計によってキャラクターが異なります。

今回は乗ってみて何が違うのか、ライディングインプレッションしていきます!

履き始め・履き心地の違い

プラスチックパーツの多いブーツ、特にモトクロスモデルのオフロードブーツって、新品から履き始めるとプラスチックのすり合わせや内装の慣れも含めて、一発目から本来の履き心地になることはありません。
二、三回履いてある程度足に馴染んできた時に初めて本来の履きやすさになるんですが、ファストバックはプラスチックが多いのにも関わらず一発目からかなりの履きやすさ!

プラスチックのプロテクションは必要な部分にのみ、履き心地に影響する部分にはマイクロファイバー(合皮)のしなやかさを活かして作られているので、モトクロスモデルとは比べ物にならないくらい履きやすいんです。

対してED-PROは新品ではそれなりに固いです。
僕のは本格的に履き始めてから3年ほど経つので履き心地は抜群に良いですが、新品の時点ではもっと固く、履いてレザーを慣らしてポリッシュを塗り込んでここまで育てるのは時間がかかりました。

もちろん最初からある程度の履きやすさはありますが、慣れきった今から考えると最初はかなり硬かったんだな、と思います。
最高級のフルグレインレザーを使っているだけあって、ガエルネの145やフーガと似た「成長していく過程を楽しむ」というのはありますが、ファストバックの最初からの履きやすさには敵いません

しかし完全に自分の足に馴染みきったED-PROの一体感は格別
まるで履いてることを忘れるくらい自分の体の一部として操る事ができます

僕は特に林道ではスタンディングすることが多いので、立ち乗りしている時の感覚は靴下を履いている、程度にしかオフロードブーツならではの抵抗を感じません。

ファストバックも履きやすさは十分にありますが、流石にED-PROほどの一体感は今回感じられませんでした。

しかしED-PROが靴下ならファストバックは「動かしやすいけど屈強なブーツで足を守られている」というまた別の感覚があります。

どっちが好きかはライダーの好み次第ですが、ファストバックは履いてるだけでプロテクション性能が感じられるので、一体感とはまた別の「無敵艦隊」のような履き心地を感じました。

長時間履いてみての違い

林道ツーリングだと林道の長さや走るスピードにもよりますが、最低でも3時間は履いている時間はあると思います。
ファストバックはしっかり守られていて、走っていても常に安心感は感じられるんですが、それの代償として「履いてる感」が強いため、次第にスニーカーのラフな感覚が味わいたくなってきました。

林道やエンデューロでずっと走り続けていればそう感じることはありませんが、大体仲間と道を相談したり、景色のいいところで止まって写真を撮ったり休憩したり、日本の林道では丸一日常に走り続けていられるほど長い林道は無いと思います。

対して自分の足に馴染みきったED-PROは履いているのは確かですが、ファストバックのような「履いてる感」はほとんどありません
ゼロではありませんが圧倒的に少ないので、正直丸一日履いていても個人的には全然余裕です。

馴染みきっているというアドバンテージはありますが、慣れきったED-PROは靴下履いてるのと同じくらい気楽に履けるので、極論スニーカー履いてるのと大差ないくらいに感じてしまうんです。

林道ツーリングの場合、自宅から林道フル装備で出かける方もいれば、トランポにバイクと諸々の装備を積んで林道の下で準備してから入る、というパターンがあると思います。

ED-PROなら自宅から林道を走って日が落ちて帰ってくるまで履きっぱなしでもOKなくらいで、バイクを降りて歩いても楽に作られているので休憩時のサービスエリアやコンビニでも見た目を気にしなければそのまま入ることができると思います。

ファストバックはライディング時の履き心地は素晴らしいんですが、ED-PROとはまた別の次元なので、正直走り終わったら脱ぎたくなりました
林道の下までトランポで来ている方には半日くらい全く問題無いと思いますが、自走で林道まで来ている方なら街を走るようにライディングシューズを持って行って使い分けるなど、楽に過ごすためのちょっとした工夫が必要かと思います。

安心感での違い

ここからはオフロードブーツに何を求めるかによって変わってきますが、ファストバックで感じられる安心感はモトクロスモデルとほとんど変わらないレベルだと思います。
例え激しい転倒をしたとしても、倒木の間に足を挟まれてしまったとしても、このブーツならなんとかなるだろ、という絶対的な安心感がファストバックにはあります

これも凄く大切なことで安心感があるからこそ、自由なライディングが安心してできるわけで、少しでも怖いと思ったら大胆なライディングができないライダーもいると思います。

ED-PROはその点守られている、という安心感はファストバックほどではありませんが、代わりに自由自在に足を動かせる感覚があるので、それのおかげで様々なライディングにチャレンジできるライダーもいると思います。

もちろん最低限の保護性能はED-PROもしっかりありますが、比較対象がファストバックになってしまうと、レザーメインのED-PROでは太刀打ちできません

どちらが良いか、自分がどちらをブーツに求めているのか次第で選択肢は変わってくると思います。

まとめ

ファストバックもED-PROもどちらも良いブーツであることは確か。
バイクの乗り方や走りたいシチュエーションと何を求めているのか次第で変わってきますが、林道ツーリングとして考えればどちらも十分な性能を持ったブーツです。

性能だけで表面的に考えると、プロテクションとモトクロスブーツのような履き心地で選ぶならファストバック一体感とも言える履きやすさとレザーのしなやかさで選ぶならED-PRO、だと思います。

自分に合っている方を選んで林道ツーリングやエンデューロを楽しんでください!