fbpx
menu

[

NEWS / ニュース

]

どのバイクにどのPMJが合う?スタイル、特徴、性能で選ぶ、あなたのバイクにベストマッチなPMJはコレ!

UPDATE : 2020.06.17

様々なモデルがあるPMJ。それぞれスタイルも違えば、特徴や保護性能など細かい部分が違うんです。今回はどのバイクにどのPMJが合うのか、それぞれのモデルをバイクタイプ別で紹介していきます!

革ツナギに匹敵する保護性能「Titanium / チタニウム」

スポーツバイクに合わせるなら一番オススメしたいのがこのチタニウム。実はサーキットを走る際に着るレーシングスーツとほぼ同等の保護性能を持つデニムなんです。とは言えこれを着てればサーキットが走れるというわけではありませんが、写真の通り仮に膝を地面に擦ったとしてもそう簡単には貫通しません。

リッターSSや250〜400でもフルカウルのスポーツバイクとの相性は抜群。フルカウルスポーツバイクは派手なカラーリングのバイクが多いですが、デニムの色合い的にも主張し過ぎないので、見た目は普通のデニムだけど実は守りをガッツリ固めたちょっと大人なライディングスタイルができます。

ストリートバイクが映えるクラシックモデル「Caferacer / カフェレーサー」

クラシカルなデザインが人気のカフェレーサー。デニムのクラシカルって何だよ!と思いますが、他のモデルはがっつりウォッシュ加工がしてあったり、腰から足にかけてテーパーになったりしていますが、カフェレーサーは細身のストレートフォルムのデニム

ファッションデニムを含めて長年作り続けてきたPMJがこだわって作ったクラシカルモデルなんです。ビックネイキッドやクラシックバイクとのマッチングは抜群!革ジャンと合わせて旧車に乗ったら最新のハイテクデニムとは思えない渋い雰囲気を醸し出せるモデルです。

(ネオ)レトロバイクが似合う細身シルエット「Deux / デウス」

2020年新しく登場したモデルがデウス。PMJの中でも特にスタイリッシュに履けて、保護性能も高いのでネオレトロバイク、クラシックバイク、ストリートバイクに合わせやすいフォルムになっています。デウスは足のふくらはぎまでフィットする細いデニムですが、ストレッチもその分きいているので、自然に履けて足を細くスタイリッシュに見せることができます。

どんなバイクでも履きこなせる入門モデル「New Rider / ニューライダー」

以前からあったモデル「ライダー」ですが、今年2020年にモデルチェンジされ、名前もニューライダーとなりました。PMJの入門モデルでコスパに優れ、普通のデニムと変わらない定番の形やデザインなので、基本どんなバイクとも相性が良い。あえて言うならネイキッドやストリートバイクとマッチしやすいモデルでしょう。他のPMJに比べると一番ゆったりしているので、まずはバイク用のデニムを試してみよう!という方にもおすすめです。

関連記事:PMJ「ライダー」が新しく進化!1レイヤー化、色合い、履き心地など、前モデルと比べてココが変わりました!

アウトドアテイストなカーゴパンツ「Santiago / サンティアゴ」

PMJの中で唯一のカーゴスタイルがサンティアゴ。バイクとカーゴパンツの相性って実は結構良くて、アウトドアテイストなイメージに見えます。

一般的なカーゴパンツは少しダボッとしたフォルムが多いですが、サンティアゴはスキニーとまで行かずともかなり細身のフォルムスクランブラーやストリートバイクなどのカジュアル系のバイクにピッタリハマります。オフロードにも相性がよく、アドベンチャーバイクなどでキャンプする方もおすすめです。

オフロード特化モデル「Dakar / ダカール」

こちらも唯一オフロードに特化しているモデル、ダカール。他のモデルと比べてバイクらしいデザインが特徴的。細かく切り返しが入っていたり、膝内側にはニーグリップ用のパッド風な切り返しになっていたり、かなり凝ったデザイン

オフロード競技用のパンツと形は似ているかもしれません。ブーツインがしやすい設計となっているので、オフロードバイクで林道を走る方、スクランブラーでおしゃれにオフ遊びする方など、他のPMJをすでに持っている方でもオフロードを走るなら是非おすすめしたいモデルです。

まとめ

イメージがバッチリハマるバイクにPMJを履いて乗ると足元が引き締まるのでいつもよりカッコよく見せてくれるのがPMJの魅力。1年位履き込むと少しづつ色落ちしてきて、生地の柔らかさも増していきます。使えば使うほど馴染むデニムなので、是非自分のバイクに合わせてみてください!