fbpx

JAPEX

[

NEWS / ニュース

]

【フィット感】ガエルネ SG-10ってどんなブーツ?モトクロスライダーが徹底インプレッション!

UPDATE : 2019.03.01

“前回記事:”【柔軟】ガエルネ ファストバックってどんなブーツ?モトクロスライダーが徹底インプレッション!

ガエルネのモトクロスモデル「SG-10」
前回はファストバックをインプレし、今回はSG-10をモトクロスライダーが使ってみてどうなのかインプレッションしていきます。

最上位モデルのSG-12よりひとつ下の立ち位置ですが、同じモトクロスモデルでも違いは大きく出るんです!

動き×守り


操作性とプロテクション性能を高次元でバランスさせているSG-10。

ファストバックよりもプロテクションが強化され、モトクロスはもちろん、ハードエンデューロなどでも使えるブーツです。

足首部分のフレームには裏表両方にピポッドシステムを採用。

横方向のひねりを制御し、衝撃吸収にも貢献しています。
ブーツが上下でセパレートされていて、足首から始まったフレームは上方向にも伸びており、ふくらはぎを後ろから包み込んでいます。

セパレートすることで必要な部分、角度にだけ動きやすい作りになっているんです。

見た目はゴツいですが、履いた感覚は想像の3倍くらい動かしやすい印象。
バイクに接地する内側部分はラバー素材のため、滑りにくくヒートガードとしても機能してくれます。

レザーよりもプラスチックの部分が目立つのもSG-10からの特徴。

動く部分はレザーとフレームで補強され、可動部以外のしっかり守りたい場所はプラスチックで覆われてます。

つま先部分もプロテクトされ、トップ金具付き。

ずっと走りっぱなしのモトクロスでも飛び石や、コーナーで足を出したときなども弾かれにくくなるのでモトクロスモデルには必須のパーツです。

形状記憶内装


内装はやや厚めの作りですが、一番注目してほしいのは足首部分の素材。

履いていくことで徐々にライダーの形に合ってくる形状記憶素材なんです。
足首を全体から包み込み、ライダーそれぞれの足にフィットするからこそガエルネの履き心地が実現しています。

全体を包み込むフィット感


今回インプレを担当した川口ライダーは普段SG-12を履いているため、走り出す前はSG-10の柔らかさがちょっと不安そうでしたが、実際走ってみるとそこまで柔らかすぎず、ステップ位置や踏み変えなどで今まで感じなかった部分を感じ取れたとコメント。

SG-10以上のプロテクション性を持つSG-12と比べると違いがわかりやすく、いつもは感覚だけで乗っている部分がよりわかりやすくなるため、SG-12慣れしているプロが使っても凄く練習になるとか。

モトクロス入門から最上級モデルのSG-12をチョイスするライダーもいますが、川口ライダーいわくSG-12の前に、もしくは練習ではSG-10を使ったほうが上手く走れるライダーはたくさんいるそうです。

ブーツ選びでプロテクションは重要ですが、SG-10はプロテクションと操作性も重視されたモデル

自分に合ったブーツで走ったほうが負担が少なく、今までわからなかった部分が見えてくるので自然と上達に繋がります。

コース内で一番大きなジャンプなどでは着地の際少し不安を感じますが、プロテクションとしては十分。

コーナーでの踏ん張りも不自由なく、ステップワークがわかりやすくなった分よりシビアに攻めやすくなっています。

長時間履いていても疲れが少なく、足全体を包み込むようにフィットするSG-10。

サンデーライダーから真剣に上を目指しているモトクロスライダーまで、幅広いライダーが使いやすいブーツです。

まとめ

モトクロスブーツとしては珍しい、履きやすさと操作性が光るこのブーツ。
ここまでガッツリプロテクションされているように見えますが、可動部の動きやすさは履いたら感動するはず!

この動きやすさがあってプロテクションもしっかりしているのが不思議に感じるくらい、洗練されたブーツです。

SG-10のより詳しい情報はこちら!

ライダー:川口尚希


19年4月から国際A級として活躍するプロモトクロスライダー。
以前モトクロスで靭帯を損傷し、ガエルネを使い始めてから履き心地とプロテクションの高さに驚き、それ以来ガエルネを使い続けている。

(ライター:佐藤 快/Moto Be 20代にバイクのライフスタイルを提案するWEBマガジン